10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
スポンサーサイト
--.--.--.-- / Comment:× / trackback:× / スポンサー広告
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
鼻血
14.07.2010.Wed / comment:2 / trackback:0 / 言動
 
最近は暑くなったせいか、ちょくちょく鼻血を出すようになりました。
朝、あまりにも流血が酷かったので、もしかしたら学校で再出血しているのではないかと聞きました。

すると息子。
「出た。でも、先生には見つからなくてよかった」
まるで、見つかったら一大事、いたずらをしたかのような言い方。

隣の子には見つかったけど、こっそり処理しているらしい。

なんで?
家では「出た出た~」と大騒ぎしているのに。

聞けば「先生に見つかると、皆が集まってくるから…」

ああ。
確かに。

たかが鼻血、されど鼻血。

子供たちの間では一大イベントになってしまうのですよね。
家に帰ってからも「今日、○○君が鼻血出してた!!」なんて報告されてしまったり。

隠す知恵が付いてきた様子です。
スポンサーサイト
 
Theme:男の子育児 / Genre:育児
 
生まれてきた理由
24.06.2010.Thu / comment:0 / trackback:0 / 言動
 
しばし息子とじゃれあって、「かわいいねえ」を連発して和んだ後に聞いてみました。

「ねえ。息子って、何するために生まれてきたの?」

すると息子。

「―――怒らせる、ため…??」(大真面目)

―――えっ?
なんて嫌な理由!!

でも…、
じゃあ…、
だったらお母さんもご期待に沿えるためにも頑張って怒らないとねえ!

息子、慌てて撤回しました。
「違った!! たくさん遊んだり、勉強したりするため!! 怒らないで~~~!!」

ついうっかり言ってしまったようだけど…。
怒られるのが当たり前になりすぎたのかなあ…?
 
Theme:男の子育児 / Genre:育児
 
アセロラゼリー
11.06.2010.Fri / comment:0 / trackback:0 / 言動
 
冷蔵庫でアセロラジュースを見つけた息子。
「アセロラゼリーを作る!!」と言い出しました。
給食のアセロラゼリーを思い出した様子です。
へえ~。作れるって、考える事ができたんだ。と、嬉しくなりました。が。
実は、給食の先生が話してくれたとか。(ちょっと残念)

息子の話では、アセロラから作ることもあるけど、時間がないときはジュースで作るとか。(本当かな?)
しかも、学校で作っているとか。(信じられないけど、学校に問い合わせることでもないし…)

ゼラチンは買ってあるので、早速作る事になりました。
ゼラチンをふやかして、温めたアセロラジュースとお砂糖を少し入れて、息子が混ぜ混ぜ。
お砂糖は本当に少なめだったので「もしかしたら給食のより甘みが足りないかもね」なんて言いながら冷蔵庫で冷やし固めました。
出来上がりは…。

アセロラジュースそのまま。当たり前ですが。
息子は「給食のと違う味だけど、美味しい」と言いながら食べました。

「褒め方、叱り方」の本を読んだばかりだったので、これは褒めるべきところだと思い、精一杯褒めました。
「自分で作ろうって思えて凄いね。これも実験みたいなものだし、一つ勉強したね」
息子は「何でこんなことで褒めるの?」と言いたげな、微妙な表情をしていました。

…母、失敗か?

最近、叱る事ばかりなので、なるべく褒めようと頑張っている母です。
 
Theme:男の子育児 / Genre:育児
 
貧血体験
10.06.2010.Thu / comment:0 / trackback:0 / 言動
 
一昨日、息子が「朝会の時気持ちが悪くなった」と言いました。
「目が見えにくくなって、ふらふらになって、二時間目くらいで治った。吐くほどじゃなかったから、先生には言わなかった」

母も経験があるので、すぐに理解できました。
「音も聞こえにくくなって、周りが黄色っぽく見えなかった?」
「うん。そうなった」
「それはね。今朝、ご飯をほとんど食べていないからだよ」

扁桃肥大で睡眠中の呼吸が苦しく、体が疲れているせいもあるとは思うのですが、ご飯を食べないのが一番の原因と思うのです。(ちゃんと食べた翌日はなかったそうですし)
母の時も、食べずに登校して朝会で倒れました。
これを機会に、朝ごはんはたいせつだと思わせないと

それから、息子にはまだ分からないと思いつつも血糖値の話になり、お菓子や砂糖ばかりのものはすぐにエネルギーを使い果たしてしまうから、おなかに残ってゆっくり力になってくれるご飯が大事なんだよ、ということだけは分かってくれたようです。
たまたま、その日の夜のテレビで糖尿病の特集をしていたので、いろいろと「ヤバイ」と思ったようです。

今朝、息子はお茶漬けを自分で出来ないことをアピールするためにご飯をこぼしました。
もちろん、たべものを粗末にするなんて! と、叱りました。
「たべものを大事にしない子は食べなくていい!」とまで言ってしまったのですが、その時の息子の反論。
「気持ち悪くなるから食べたい~~!!

一昨日のことなんて頭にないので、一瞬、何のことかと思いました。
「また学校で気持ち悪くなる~~
と言うので思い出せましたが。

なんだか、脅迫概念を持たせてしまったようで少し後悔。
叱るとか教えるとか、難しいです。

クラスに同じように気持ち悪くなったお友達もいて、彼らも朝ご飯を食べてなくて、息子にとっては十分な裏づけになったようですし。

嫌いなものも少しずつ頑張ってくれるようになって…、

あ。忘れていたけど、褒めなくちゃ
 
Theme:男の子育児 / Genre:育児
 
ずる休み
03.06.2010.Thu / comment:0 / trackback:0 / 未分類
 
息子の友人のお話。

彼は、息子と同じそろばん塾に通っている同級生。
上に兄弟がいるからか、同じ二年生といっても息子より賢い。

先日、その賢さに改めて気付きました。

息子が公園で、彼と一緒に遊んでいたので、今日は一緒に行くのだろうと鞄を渡しました。
彼は公園のテーブルにそろばん用具を広げ、別のお友達に教えながら問題を解いています。

予習かな? えらいなあ…。

そう思っていたのですが。

「○○君、今日は行かないんだって~」と息子。

あれ?
道具だけ持って、お休み?
「お母さん、お休みしていいって?」と聞けば、「うん」。

ちょっと、怪しい…

そういえば、最近、そろばんで彼を見かけないって息子が言ってたなあ…。
息子を送るついでに先生に確認。
「前回は来てましたが―――」

このそろばん塾。長期で無断休塾した時は先生が連絡をくれます。
長期でなければ、親からのお休み連絡もないし、先生から確認の連絡もありません。

○○君。
二年生ながら、ほどほどに出ていれば気付かれないことに気が付いた模様。
しかも。
公園で問題を解いているから、親にもばれない。

賢いっっ!!

息子は、母が送り迎えしているからそういったことは出来ないんですけどね。

先生はすぐに彼のお家に電話しました。
公園で、物凄~く、怒られたようです。

公園でやっていたということは、そろばん自体は嫌じゃないんだよね。
この道のりが面倒なんだよね。
送り迎えする母は2往復だから、さらに面倒なんだけどね。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。